スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの時代も...


こんにちは。

三間町、本格的に雪が降り始めました

先日、正面玄関横のショーウインドウに「おひなさま」を飾りましたが

実はレジの横にも「雛のつるし飾り」を飾っています。

20120217-1 - コピー

とっても素敵です

これは当駅にお野菜を出荷してくださっている上甲ヤヨイさんの作品です。

「販売用」ではなく、お客様にお楽しみいただけるようにお借りしました

この「雛のつるし飾り」は江戸時代の後期から伝わる伊豆稲取地方の風習で

長女の初節句に「無病息災」「良縁」を祈願して、雛壇の両脇に細工を吊るすものだそうです。

20120217-3 - コピー
「鳩」は神の使いと言われ

20120217-4 - コピー
「とうがらし」は昔は防虫効果に雛人形の衣装などが虫に食われないように

とうがらしを入れて収納していたことから

可愛い娘に悪い虫がつかないように

など、それぞれの細工には意味が込められているそうです。

上甲さんの作品はまだあります。

20120217-2 - コピー
山形県酒田市で有名な「傘福」もお借りしました。

こちらも雛段とともに1対で飾られるそうです。

傘の中には魂が宿ると言われ、子供が健やかに育つことを思い

さまざまな願いを形にして吊り下げられているそうです

そして、最後に...
20120217-5.jpg
20120217-6.jpg
こちらのお着物。とっても素敵な色と柄です

えっ?道の駅みまにお着物を飾るスペースが...と心配いただきましたか

20120217-7 - コピー
実は、上甲さんの従姉妹さんがこの小さなサイズに仕立て直してくださっています!

上甲さんのお母さまのお姉さまで現在100歳のおばあちゃまが

お嫁入りの時に持ってこられたお着物なんだそうです。

上甲さん、素敵な作品をお貸しくださって、本当にありがとうございます

女性のお客さまは皆さん立ち止まってご覧いただいています。

まだご覧いただいていない方、いかがですか?

実物は本当に素晴らしいですよ

「雛のつるし飾り」も「傘福」も親が愛する子供を想って作り、今の時代までも続いています。

いつの時代、どんな時代でも「親の愛」は変わることがないんですね










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お忙しそうですね

開通が楽しみです。
車が通らないうちに見たいですが方法はありませんか?
近いうちにお邪魔します。

「雛のつるし飾り」も「傘福」~素晴らしい!!
心癒されますね~☆それにしても三間はづっと前から僕の故郷とオーバーラップしています。僕は広島県北の庄原と言う町です。子供の頃(もう半世紀前)は毎冬50cm~60cmの積雪。秋から~冬支度の厳しくも、風情有る日常風景、春を待つ喜び...親兄弟とのささやかながら心温かな日々の暮らし....原風景が有ります。来週見に行きますよ~☆楽しみ☆松浦さんの「みまの元気!」そうです!みなさんの元気こそが“南予の元気”につながるのですヨ!

Re: タイトルなし

motomiさん 雪はいかがですか?
いつでもお待ちしております!
開通前の方が落ち着いていて、いいかもしれませんね!

Re: タイトルなし

チャーリーさん 「日本」ってホントに素晴らしいと思います!
もちろん「三間町」もですよ(^^)
この素晴らしさを多くの方に知っていただけたらいいなと思います。
高速もいよいよ開通です!三間町に、そして南予に多くの方がいらっしゃるチャンスがきました。
みなさんにチャーリーさんのような気持ちになっていただけたら嬉しいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。