ご当地手ぬぐい


こんにちは!

前回のブログからだいぶ時間が経ってしまいました

日暮れも早くなり、1日がアッという間に過ぎていく感じです。

20121124-1.jpg
このプランターカバーのワンちゃんが首に誇らしげに巻いているのは

三間町オリジナルの「コスモス手ぬぐい」です

ここ数年、手ぬぐいのブームで色んな色、デザインの手ぬぐいがありますね!

ブライダルの引き出物やプレゼントのラッピングに使ったり

用途も格段に広がっています。

それでも昔も「手を拭う」ところから始まって、前掛けや日よけなどに使い

汚れたら端を縫っていないので適当なところで切り、また使い

たっくさん使ったら、最後は雑巾や細く切り竹棒にくくって「はたき」に変身。

手ぬぐいって日本のいいところがぎゅと詰まってますね

20121124-2.jpg
この「コスモス手ぬぐい」は宇和島出身の画家・吉田淳治先生がデザインをしてくださり

2色の色も先生が選んでくださったそうです

そしてこの手ぬぐいを「注染(ちゅうせん)染め」という

気温や気候・季節で染料や糊の配合を変えていくという

日本の職人技で染めてくださったのが宇和島の黒田織旗店さん。

三間町の「花満開プロジェクト」さんの想いを

古き良き日本のエコグッズに形にしていただきました

20121124-3.jpg
道の駅みまをはじめ、三間町でとっても頑張っている

ランチの美味しい「点。」さん、週末には道の駅みまにも出店してくださっている「黒田花店」さん

出張理容や女性のお顔の産毛そりも行う「理容なかた」さんにも置いてありますよ

町内でしかお求めできない「ご当地手ぬぐい」

西本酒造さんのお酒をラッピングして三間町のお土産にするもよし

テーブルセンターに使うもよし

洗えば洗うほど生地も柔らかくなり、色もオリジナルな色に変化します

三間町オリジナル手ぬぐい、いかがですか?

東京・南青山では本日より吉田淳治先生の個展がはじまりました
http://junji-yoshida.webhop.info/


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道の駅 みま

Author:道の駅 みま
〒798-1114
愛媛県宇和島市三間町務田180-1
☎ 0895-58-1122
fax 0895-58-1166

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR