一陽来福(いちようらいふく)


こんにちは!

今日は「冬至」ですね
20121221-3.jpg
一年で一番長い夜は「ゆず湯」に入って温まりたいですね

世界中では「人類滅亡の日」なんて大変な騒ぎになっていましたけど

一年で一番「日」が短いということは、翌日からは長くなっていきますよね。

中国や日本ではこの日を境に太陽が生まれ変わって

運が向いてくると「一陽来福」といって、みんなが上昇運に恵まれるんだそうです

冬至には「運盛り」と言って「ん」のつく食べ物を食べるそうです。

南瓜(なんきん)、にんじん、だいこん、れんこん、うどんなどなど。

そんな縁起かつぎだけではなく、栄養をつけて寒い冬を乗り切る意味もありますが

「いろはにほへと」が「ん」で終わることから

「ん」には一陽来福の意味も込められているそうです。

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす ん
(花は色美しく咲くけれど やがて散ってしまいます。
 私達の世界では誰が 変わらないでいられるでしょうか。
 この世の中の色々なことのある山を 今日越えて
 もう浅はかな夢を見ることもしないし そんな夢に酔うこともしません)

お隣りの鬼北町や高知県はゆずの産地
20121221-1.jpg

20121221-2.jpg
「ん」はつかないけれど、長い夜は旬のゆずで身体の中からも温まりたいですね


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR