スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち話

こんにちは!

2020年、東京でオリンピックの開催が決まりましたね

「2020年が、日本を大きく飛躍させた年だと未来が記憶するように。
 そして必ず未来の子供たちのためになる大会になるように。
 日本をひとつにして、これから頑張っていきましょう。
 皆さん、本当にありがとうございました。

 2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会」

招致委員会はこのようなメッセージを出されていました。
「未来の子供たちのために」

先日の温帯低気圧が通過した後に、生産者さんとの立ち話をちょっと披露します

その昔、その生産者さんのおじいちゃまが三間で大震災を経験したそうです。

(明治7年生まれのおじいちゃま、生きていたらなんと139歳

3日3晩揺れは続いて、田んぼは裂け目ができ

山からは岩が落ちてきたりと、それはそれはひどかったそうです。

でも、弘法大師さまは偉いお方だったと。

なぜなら、四国八十八ヶ所の札所のお寺は1000数百年も災害で流出したことがない。

そうゆう場所を選んだんだそうです。

明治7年生まれのおじいちゃまが被災した時も

41番龍光寺と42番仏木寺は無事だったんだそうです。

「やけんな~、三間はな~んもないとこやけんど、いいところなんよ。
 それにな、人もいい人ばかりで~。」

20130909-7.jpg

三間町は四国八十八ヶ所の札所が2か所あり、おいしいお米と、

穏やかでステキな人が住む町です。

滝川クリステルさんが招致プレゼンテーションでこんなことをお話されていました。

「東京は皆様を、ユニークにお迎えします。
 日本語ではそれを「おもてなし」という一語で表現できます。
 それは、見返りを求めないホスピタリティの精神、それは先祖代々受け継がれながら、
 日本の超現代的な文化にも深く根付いています。
 「おもてなし」という言葉は、なぜ日本人が互いに助け合い、
 お迎えするお客様のことを大切にするかを示しています。」

東京を三間町、もしくは道の駅みまと置き換えて読んでみてください

オリンピックは三間には来ませんが

弘法大師さまが2か所も札所を置いたステキなこの場所を

未来の子供たちのために大事にして

そして皆さまにも三間の良さを知っていただけたらな...

と思った「立ち話」でした


道の駅みま 公式ホームページ
http://www.michinoekimima.jp/




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道の駅 みま

Author:道の駅 みま
〒798-1114
愛媛県宇和島市三間町務田180-1
☎ 0895-58-1122
fax 0895-58-1166

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。