スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋」してますか?

こんにちは!

ゴールデンウィークにはたくさんのお客さまにお立ち寄りいただき

本当にありがとうございました

多くの方が7日(水)からのお仕事や学校だったと思いますが

うまくリスタートできましたか?

当駅併設の畦地梅太郎記念美術館も今週14日(水)から新しい企画展がはじまります
20140511-1.jpg
畦地梅太郎展♪恋した山の音や声♪

今回の企画展のパンフレット裏面に「ひとり歩き」という短編が掲載されています。
20140511-2.jpg
(↑クリックしたら大きくなります)

もし見えなかった時のために、下記に記しますね

「一人歩き」
大地のものの静かさが、靴の底からじかに伝わる思いである。
落ち葉にさわるかさこそと少しの足音、
その少しの足音が山の気味わるい妖気をふくみ、
心ふるわせたりする。
ものいう必要もない一人歩き、聞こえるもの、耳にするものは、小鳥の鳴き声であり、
枝から枝へ渡る音やその姿だ。
生きる呼吸をしている自分以外の生物とめぐりあえば、
驚きと喜びに心が震える。

出会った山や森や生き物たちが、何かを話しかけてくれる。
見えない音や声のようなもので。

梅太郎の「恋」はピンク色の部分なのでしょうか?

私はあいにく梅太郎のように山歩きはしませんが

お店の中を歩いている時に

お客さまが連れてきてくださっている抱っこされている赤ちゃんや小さなお子さんと出会うと

ホントに「かわい~」って自然に笑顔にさせていただいています

今日は母の日。

皆さんも小さなころ、経験があると思います。

夜中にお母さんが寝ている皆さんのお布団をかけなおすときに

むき出しのお腹をポンポンとやさしくたたきながらパジャマを直してくれたり

頭を撫でてもらったり。

だから偽物の愛には体が反応しないようにできているんですって。

愛の定義はいろいろあると思いますが、もっともシンプルな答えが欲しいときには

「触れたい、やさしくしたい」という思いがあるかどうかが答えになりそうと

とあるインターネットの記事に掲載されていました。

恋と愛はビミョーに違うかもしれませんが...

どうぞ皆さんも梅太郎の「恋した山の音や声」を感じにお越しくださいませ

あっ!くれぐれも作品にはお手を触れないようにお願いいたします





道の駅みま 公式ホームページ
http://www.michinoekimima.jp/






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道の駅 みま

Author:道の駅 みま
〒798-1114
愛媛県宇和島市三間町務田180-1
☎ 0895-58-1122
fax 0895-58-1166

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。