スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と人との間


こんにちは!

昨日、とっても嬉しいお知らせを

宇和島市教育委員会の担当者さんから伺いました

11月2日、町内・中山池自然公園で行われた第27回コスモスまつりで
20141105-2.jpg
コスモスの種を取り付けた「バルーンリリース」が行われました。

20141105-1.jpg
その数、約800個。

風船にはコスモスの種が約30粒ほどがついています。

お越しいただいたお客さまをはじめ、来賓の皆さま、イベントスタッフ・関係者が
20141105-13.jpg
山岡恵アナウンサーのカウントダウンでリリースしました

高く高く舞い上がる風船
20141105-7.jpg
この日は時々降る雨に悩まされた曇り空でしたが

日にちは変わり、11月3日文化の日。快晴
20141105-9.jpg
愛知県豊川市立御津北部小学校。

そうですっ
20141105-10.jpg
この御津北部小学校のグラウンドにリリースした風船が届いたんです

テレビ番組が実際に行ったヘリコプターによる追跡実験では

標高10mから飛ばし約30分後の高度約3100m(同、気圧約700hPa)で破裂したり

一般に知られる知見として

「上空8Kmまで上昇した風船は気温-40℃の中で硬化し、気圧の低下により7.3倍に膨張し

その環境下で破裂すると粉々に破裂し地上に落下する。 

ガスが漏れて破裂せずにそのままの形で落ちても

3,900ha(東京ドームの約834倍)の広さの地域に1個が落ちる計算となり

殆ど人目につかず、生分解により樫の葉が朽ちるのと同程度の速度で消えて無くなる」といわれています。

でも、この風船は直線距離にして約500kmも離れた御津北部小学校に到着しました

ご連絡をくださったのは
20141105-8.jpg
御津北部小学校 岩下宏一校長先生。

風船についていたコスモスの種のメッセージを手掛かりに
20141105-11.jpg
ご連絡をしてくださいました

岩下校長先生からのメッセージには

「はるばる届いた風船のお話を子供たちに伝えて
コスモスの種を育てていきたいと思います。」

とお礼の言葉が添えられていました

岩下校長先生と御津北部小学校職員さんのお心使いがなかったら

私たちもバルーンリリースしたという思い出だけで終わったことでしょう...

こちらは先日の愛媛新聞さんに掲載された仏木寺・副住職さんのコラムで
20141105-15.jpg
世界的指揮者のフルトベングラーの言葉が紹介されていました。

「人間的感動とは、その人の内部にあるのではなく
人と人の間にある。」

こちらは9月の中旬に三間町内の小学生が種まきをしたコスモス。
20141105-14.jpg
今は7分咲きほどになっています。

三間から遠く離れた愛知県豊川市御津町でもきれいなコスモスが咲きますように




道の駅みま 公式ホームページ
http://www.michinoekimima.jp/






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素敵なお話ですね!!

時々ニュースなどで見聞きすることもありますが
身近なところでの遠くからの嬉しい知らせはまた格別ですね。

MYさま

本当にびっくりしました!
届いたことも驚きでしたが、ご連絡をくださったお気持ちには感謝です。
実は第2章があるんです。
近く更新しますね(^^)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。