星のかけら


こんにちは!

20150126-4.jpg
こちらは四万十天文台さんで1月10日に撮影された「ラヴジョイ彗星」です。

この彗星、次に見ることができるのが8,000年後

緑色に輝くこの彗星をどうしてもこの目で見たくて

先日の月明かりのない日を選んで

道の駅みまから車で35分の高知県四万十市にある四万十天文台さんまで行ってきました。
http://www.shimantostar.com/

星空アテンドの濵田さんのお話はとても楽しく

私みたいな知識のない者でもとっても親切に説明をしてくださいます。

彗星のしっぽは太陽の熱を受けた彗星の頭の部分が溶け出してガス状になっていて

そのガス状の部分は彗星本体についていけずに宇宙空間を漂い

漂ってる彗星のかけらの中を地球が通過した時にそのかけらは流れ星になるそうです。

宇宙物理学者の佐治晴夫先生は
光りのしずくは星となり、星は光り輝くプロセスで、 万物の構成要素である元素たちを合成し、超新星爆発というかたちで終焉を迎えた時に 宇宙空間にばらまかれた星のかけらから地球ができ、私たちも誕生しました。つまり、私たちは星のかけらから生まれたというわけです 。
と著書の中でお話しされています。

元はみんな、星のかけら。

争いのない世の中でありたいですね

濵田さんからはもう一つ、夢のあるお話を伺いました
20150125-3.jpg
国際宇宙ステーション(ISS)が目視できるんです

ISSは米国・ロシア・欧州・カナダなど世界15ヶ国が参加する国際協力プロジェクトで

日本はその一部となる「きぼう」日本実験棟を開発し参加しています。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のHPではいつ、どの方角に見えるか教えてくれます。
http://kibo.tksc.jaxa.jp/

実は今日の朝、三間ではISS観測のチャンスだったのですが、あいにくの雨

空で一番輝く1等星くらいの明るい光の点が移動していく様子が見られるとのこと。

濵田さん曰く「あの光の点の中に人がいる!と思うと感動します

私も感動を楽しむために、きぼうを追いかけていこうと思いました

皆さんもこの寒い時期の星空観望にぜひ「四万十天文台」行かれてみてくださいね

要予約ですので、ご予約の上観望会をお楽しみくださいませ!

お問合せ
ホテル星羅四万十  0880-52-2225
http://www.seirashimanto.com/





道の駅みま 公式ホームページ
http://www.michinoekimima.jp/






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道の駅 みま

Author:道の駅 みま
〒798-1114
愛媛県宇和島市三間町務田180-1
☎ 0895-58-1122
fax 0895-58-1166

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR